私学のコネ採用について

私学でコネで採用される教員

座談会の質問の回答第一弾です。

いきなりキワドイ質問ですが書ける限り書いていきたいと思います。

そもそもコネ採用はあるのか?

いきなり結論からですが「あります」。

優秀な教員人材を採用するための求人広告費や人材会社の紹介などの費用をかけられない私学や、優秀でなくても費用の掛からない採用で時間割さえ埋まればいいというときは内部教員の紹介などで採用を決めることがあります。

全く選考をしないということはないので最低限の顔合わせ程度の選考を行い、学校に合うか合わないかのチェックは行います。

先日の記事でも書きましたが優秀な人材獲得のために予算をかけるというのが民間企業に比べると著しく遅れている私学もあります。

教員志望者が減少し続ける昨今の状況と民間企業の求人増によりますます私学の採用は苦しいのが現状です。

専任教諭の採用については応募数がありますが、常勤講師・非常勤講師のような期間雇用での契約と身分保障のある民間企業での正社員を天秤にかけたときに民間企業の内定に流れるというのは自然の流れです。

常勤講師・非常勤講師の採用の応募者は非常に少ないので新年度になっても欠員が埋まらないこともあります。

年度の計画採用がこれだけ苦戦しているため年度途中の採用ではより応募者数が少なくなります。

教員採用が私学の学校経営や生徒に対して重要な要素であると考えている私学は学校に合う教員を採用するために求人広告費や人材会社への依頼をしますが、ただお金をかけずに時間割が埋まればいいという学校は内部教員のコネを頼りに採用をすることがあります。

学校側も内部の教員に紹介してもらった手前、断ることもほとんどありませんし、予算をかけないため他に候補となる応募者がいないのでほぼ採用されます。

 

全ての学校がコネで採用するということではありませんが、予算や学校の考え方により採用することが難しい場合はコネ採用が起きることもあります。

コネ採用の学校を探すことは不可能ですし、何より自分のためになりません。

遠回りのようでも自己研鑽を行い、教員採用に予算をかけて教員を大事にしている学校に採用されるような努力をしましょう。