高校の卒業式と新任教員の心構え

題材としてかなり出遅れ感ありますが高校の卒業式シーズンになりました。

早いところは一週間以上前に終わった、遅いところはまだ一週間残ってるよという時期だと思います。

現役教員の方々にとってしっかりと生徒を送り出し、新たなステージで頑張る子たちを見送るのはとても感慨深いことだと思います。

そして2018年度から新任教員となる若い先生方たちはこの2週間の間は改めて勉強しましょう。多分、いろんな人に同じことを言われてると思いますが年度が変われば教員です。教科指導もやりながら部活動もやりながら学校運営にも参画するので時間が欲しいと思うことが増えると思います。

4月からの時間を増やすことはできませんが、今勉強すれば4月からやらなければならないことへの時間を減らせます。

教員生活でスタートダッシュできるよう、スタートしてすぐ躓くことの無いようにやれることはやっておいたほうがいいと思います。

 

私立学校の教員採用・就職・転職・求人情報サイト【T-cheer】はこちら