【必見】教員志望の学生が行う一般企業の就活について

4月が始まり、朝と夕方の電車には初々しい新入社員らしき人達がたくさんいますね。

 

今回は、企業の就活と教員採用試験についてです。

 

現4年生にはちょっと遅い情報かもしれませんが参考までに。教職課程を取っている学生が就活すべきか教員採用試験一本に絞るべきかというのはいろいろなところで質問としてあがるのですが、結局セオリーのような回答は無いですね。

 

「二兎追うものは一兎をも得ず」として教員採用に全力を注ぎなさい。という考えもあれば、教員採用試験に落ちて秋からの就活は厳しいから就活もしたほうがいいという考えもあります。

 

どちらもその人の置かれている状況次第で答えが変わるのでやはりどちらが正しいとかは安易に言えないですね。

 

公立の教員採用しか考えていないのなら教員採用試験に比重を多くかけるでしょうし、公私問わずなら公立の採用試験後でも私立の専任教諭募集に間に合うこともありますし、そもそも教員思考が強くなければ企業の就活しながら採用試験を受けるでしょうし、バラバラです。

 

個人的には教員になる前に企業で勤めてから教員になるのもそんなに悪いことではないと思います。実際に一部の私立学校では中途半端な講師経験よりも企業で学校の業務に直接関係なくても何か実績のある人を採用することはあります。

 

また、教育学部の学生に多いのですが教職課程を取ったから教員しか自分には選択肢が無い。と自己暗示にかかったり、同級生の雰囲気に呑まれて民間企業の就活という選択肢を捨ててしまうケースもあります。

 

もちろん、入学時は学校教員になりたいと思っていたとしても大学生活の中で価値観が変わって企業志向になることもあると思います。

 

実際に自分にどんな職業が向いているかなんて実際にやってみないとわからないですし、企業のほうが教員よりも肌に合っていたということもあります。

 

教員よりも企業に行ったほうがいいということではなくいろんな選択肢の中から自分で選んだことに自信をもって取り組んでもらえればいいと思います。周りがみんな就活する・就活しないからとか周りが教採を受ける・受けないからとかで決めずに自己暗示や先入観を捨ててたくさんの情報収集をして、たくさんの選択肢の中から自分が目指したいことを選んでほしいと思います。

 

一生の仕事を教員と決めて大学に入って教職課程を取って教員になりました。という真っ直ぐな人ほど社会の常識を覚えることなく教員になってから周りが見えなくなることもあるので注意しましょう。

 

教員志望で教職課程取り始めてたけど、企業での仕事に魅力を感じるから卒業して企業に就職も立派だと思います。

 

企業で勤めてそれでもなお教員になりたいと思う人は自分の意思で教員という選択をしているので強い意志で改めて勉強をはじめられると思いますし、社会の常識を知って教員になるのでうまくやれるんじゃないかなと。

 

時期的に就活と教育実習が重なることもあるので難しいと思いますが就活するか否か、いろんな情報の元で自身で決断されると良いと思います。

 

私立学校の教員採用・就職・転職・求人情報サイト【T-cheer】はこちら