教員採用試験の勉強はいつ頃から、何を勉強するの?

ペンとシャープペンシルとボールペン

公立の教員採用試験の一次試験も一段落し、大学4年・既卒以外の大学生たちも勉強を始めるころだと思います。

教員採用試験の勉強をいつから始める?

大学3年の秋頃から教員採用試験の勉強を始める人が多いですが、少しでも差をつけるためにもこの夏休みは有効に利用しましょう。

大学の授業のある1ヶ月と長期期間中の1ヶ月では教員採用試験に費やせる時間が違います。

まだ、勉強を始めていない人は、このタイミングであれば1ヶ月早く始めた以上の差をつけられるのでおススメします。

また、これから教育実習や卒業論文等で忙しくなり、予定通りに勉強が進まなくても早めに教員採用試験の勉強を始めることで気持ちに余裕を持てるので早めに取り掛かりましょう。

何を勉強すればいいの?

公立の教員採用試験でも私学の採用試験でも共通しているのは専門の教科・科目の知識です。

公立の教員採用試験の対策(一次・二次ともに)はネットで調べれば充分な情報量があるのあります。

私学については学校によって異なりますが教科知識は必須なので専門については勉強しておきましょう。

私学の模擬授業の対策などはこちらから

教員採用試験の模擬授業対策(姿勢・心構え編)

教員採用試験の模擬授業対策(テクニック編)

 

私立学校の教員採用・就職・転職・求人情報サイト【T-cheer】はこちら