私立学校の教員採用の面接時に「何か質問はありますか。」と聞かれたら

面接の時に何か質問ありませんか。と言われた時に何を言えばいいのかわかりません。 その時に給与のことなどを聞くのは変ですか。

私学の教員採用の面接の最後に学校の採用担当者から「何か質問はありますか。」と聞かれますがその際に何を聞くと好印象かをまとめました。

なぜ「何か質問はありますか。」と聞かれるのか?

私学の面接の最後に「何か質問はありますか」と聞くのは採用担当者が教員志望者の質問に答えて、より深く学校を知ってほしいという意図と、面接で話してその上でどれだけ学校に対して興味を持っているかを計っています。

主な意図は後者にあります。事前にホームページなどで学校のことを調べて、面接に臨み、面接で質疑応答を繰り返してそのうえでどこまで学校に興味があるかを見ています。

質問を投げかけられて前者に意図があると勘違いしてしまうと質問者様のように待遇面などの自身に軸足のある質問をしてしまうことになります。

つまり、あえて給与の質問をする必要は無いのです。

何を聞けばよいのか?

「何か質問はありますか?」は選考の一つです。

面接時に面接官から聞いたり、自身が話したことの補足をすることで面接の最後に意欲があり、積極的な志望者であると受け取ってもらえるような質問をしましょう。

例えば、面接で話を聞いたうえで学校の教育理念に対して自分のとらえ方を説明し、「このような形で先輩の教員の方と話し合いながら指導をしていくことは可能でしょうか?」や「授業もしっかり行いながら中学・高校と●●部だったので●●部の指導を希望しているのですが可能でしょうか?」など採用されてから積極的に取り組むと思わせるような質問をしたほうが良いでしょう。

給与や待遇の質問はいつすれば良いのか?

結論から言うと基本的には内定が出てからです。

学校側に主導権のある選考中に待遇について質問をすれば教員志望者側に意図が無くても学校側は「結局、お金か。。。」と捉えられてしまいます。

仮に給与の金額が分かったところで学校側に悪い印象を与えて内定を遠ざけるよりも内定が出てから改めて待遇面・条件面の提示を受けて内定を受諾するか否かを決めたほうが近道だと思います。

どの私学でも専任教諭の採用であれば生活できるレベルの給与となりますのでわざわざ内定を遠ざけるよりもしっかり内定を勝ち取ってから考えても遅くはありません。