私学と公立の違いとは

雨に濡れるガクアジサイ

教員として働くのに私学が良いか、公立が良いか悩むこともあると思います。

働き方や待遇に着目して違いを比較していきます。

異動について

公立の場合は約10年を目安に異動があります。

今まで指導してきた環境から大きく変わるような異動があるので(進学に力の入っている普通科の高校→生徒指導メインの商業高校など)教員が積み重ねたキャリアや指導法などを活かせないこともあります。

働き方やキャリアの面でも異動の負担はありますが、生活面でも遠方になれば転居の必要性なども発生します。

私学においてはほとんどの場合では異動は無いので日々、積み重ねてきた自身のキャリアや指導法を活かすことが可能です。

また、異動が無ければ転居の必要もないので住宅の購入など、安定したプライベートを確保できるかもしれません。

※全国展開の大学付属の私学については、法人によっては転居を伴う異動もあります。

 

各種手当について

公立の場合は関連する法令などにより手当が支給されない業務でも私学の場合は支払われることがあるなどの違いがあります。学校により異なりますが、部活動での休日の勤務等について手当が支給されることもあります。

昨今では教員の働き方が取り上げられることが多くなっています。

特に私立の場合は雇用関係において各種法令を遵守できるように変化している学校もあるので金銭的な手当としての支払いや労働時間の見直しなど公立に比べると手厚い手当などになるのかもしれません。

 

卒業生との関係性について

公立の場合は異動があるため卒業生が母校に訪問してもお世話になった教員が異動でいないということがほとんどです。

私学の場合は異動がないことがほとんどで長期間働いている教員が多いため卒業生が母校に訪問して知っている先生が多い。というのも特徴の一つです。

中高一貫校であれば6年間の学校生活の中で関わる教員も多くなり、生徒・卒業生は母校への愛着がより強くなるので卒業後に訪問して知っている教員がいるというのは私学の特徴でしょう。

 

私学と公立のどちらも特徴があり、合う部分もあれば、合わない部分もあると思います。

自身にとって何を重要とするかを考えて公立志望の方も私学に目を向けて、私学志望の方もより多くの私学に目が向くようにして自身にあった学校での就業ができるように情報収集してもらえれば良いと思います。